首こりと頭痛

HOME > 首こりと頭痛の関係性

首こりと頭痛の関係性


近年、首こりで悩まされる人が多くいます。首こりは、それだけでなく頭痛も引き起こしてしまいがちです。首こりと頭痛の関係性があります。

首がこる事でなぜ頭痛が起こるかというと、頭から首や肩にかけての筋肉が緊張してしてしまうと、血流が悪くなってしまうために頭が痛くなってしまいます。脳には毛細血管が張りまぐれされています。その血管に酸素や養分が供給されないと本来の毛細血管の幅が事なってしまうなめ神経にふれて、頭が重くなったり、ズキンズキンとした痛みを生じてしまいます。筋肉の緊張は、痛みを緩和させるためには、血流を良くすることが基本です。筋肉の緊張は現代人の職業病とも言えるケースが多く、パソコンを使う疲れなどから引き起こされるとされています。

その緊張を緩和させるためには、入浴などで体を温めることで血流をよくします。体を温めることは血流だけでなく、筋肉の緊張もほぐすことができます。マッサージも効果的です。疲れを感じた場合に軽い運動をこまめに行うことも効果があります。小さな痛みでも、様々な病気のサインであることもあるため、継続的に発生した場合には検査などを受けてみることが大切です。体の変化に注意して健康な生活を送りましょう。

 

PAGE TOP